皮膚からヒアルロン酸が減っても大丈夫!?

誰にでも必ずやってくる老化と日頃のケア

どんな美人でも、年齢を重ねることで起こる容姿の衰えには逆らえません。老化は誰にでも起こることですが、それでもその老化のスピードを遅らせることは十分可能です。同窓会などで同い年の人がたくさん集まる場に参加すれば分かりやすいのですが、実年齢より若く見える人と、反対に老けている人との間には10歳近い開きがあるように見えることもよくある話です。このような差が出てくるのには、日頃、ヒアルロン酸の補給をどれくらい意識してやっているかで決まります。

美容にいいと言われるヒアルロン酸は何に有効なの?

ヒアルロン酸は人間の皮膚の奥の方にもたくさん存在している成分です。美容成分として有名なので、化粧品や美容効果のある食品にたくさん使用されていますから、普段から接する機会も多くあります。ヒアルロン酸の役割には色々ありますが、美容に関連するものとしては保湿効果がもっとも有名ですね。肌の水分をたくわえてくれるので、これが老化で不足すると肌が乾燥しやすくなったり、しわやたるみが顔に見られるようになります。

足りないヒアルロン酸は補えば良し!

ヒアルロン酸は40代あたりからどんどん減っていってしまいますから、その時から外見にも影響が出やすくなります。その年齢にならなくても、しわやたるみが気になるようになってきたらヒアルロン酸が減ってきたサインです。そうなったら、足りなくなった分を注射やサプリメントで補ったり、加齢で衰えてしまったヒアルロン酸の合成能力を高める効果があることが判明しているグルコサミンを摂取するなどの方法で補うようにすればいいのです。衰えた部分をカバーする方法はいくらでもあるのですね。

ニワトリの鶏冠などに含まれているグリコサミノグリカンの一種をヒアルロン酸と言います。健康食品に使われることも多々あります。