審美歯科は普通の歯医者と何が違うの?治療内容3つ紹介

白い歯にするならホワイトニング!

審美歯科は名前の通り美しい歯にするための治療を行っています。様々な治療方法があるのですが、最も手軽にできるのがホワイトニングです。これは専用の薬剤をつけたり光をあたえることによって歯を漂泊し、歯の奥にしみこんだ汚れを取り除いて白く綺麗な歯にすることができるのですよ。削ったりする必要がないので手軽にできる方法と言えます。ホワイトニングは歯科医院でできるオフィスホワイトニングと自宅でもできるホームホワイトニングがあるのです。

抜けてしまった歯はインプラント!

虫歯や怪我などで歯を失ってしまう場合があります。永久歯が抜けてしまうと新しく生えてくることはないので、これまでは入れ歯やブリッジで抜けた歯の治療を行っていたのです。しかし現在ではインプラント治療が注目されており、これはあごの骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せる方法なので、ぐらついたり他の歯に負担をかけてしまう心配がないのです。義歯を白くすれば自分の歯と変わらない自然さがあり、また強くしっかりと噛むこともできるのですよ。

銀歯だって白くできる!

保険で虫歯の治療を受けると、銀色の金属でかぶせ物や詰め物が行われています。しかし白い歯の中に銀色の金属があると笑った時など目立ってしまいますよね。しかし審美歯科では通常の歯と変わらない白くて強い素材で被せ物や詰め物を作ってくれるのです。しかし保険適応外となるので1本につき数万円かかってしまうのです。見た目を重視するか金額を重視するかによりますよね。このように審美歯科では美しい歯の為に様々な治療を行っているのです。

セレックとはドイツ発祥のシステムで、歯の修復物をコンピューター制御で作るというものです。日本の歯科でも導入されている所があります。